上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ずっとしまじろう好きだったチェリが、ある日を境に急に別のキャラクターに興味を持ち出した。

チェリのハートをガッチリ鷲掴みしたそのキャラクターとは・・・



アンパンマン


なんだな~・・・。



実はいとこの子供達もアンパンマンが大好きだったようで、お下がりで貰うオモチャも

アンパンマン率が高い。

全てお下がり
※過去の写真より

お下がりの粘土板
※過去の写真より


ちなみに今お気に入りのぬいぐるみトリオのアンパンマンも

お気に入りのぬいぐるみトリオ

いとこから回って来たお下がり。


チェリの持ってるバッグの大半は

バッグ類

いとこから回って来たアンパンマン(苦笑)



分かりにくいんだけど、2歳の誕生日に1階のじじばばに貰ったプレゼントも

ながぐつだ!

アンパンマンのイラスト入り~(汗)

キャラクターが印刷されてるだけで、お値段ドーーンと跳ね上がるよね~・・・。

自分では買わない・・・てか、買えない(高いし)




実はワタクシ、今までアンパンマンものって買い与えた事ってほとんどなかったりする。



・・・というのもアタクシ基本的にアンパンマンってあまり好きではないんだよね。

てか、個人的意見になっちゃうんだけど、正義といいつつ結局暴力で解決~みたいなとこが・・・ね。

子供なんてす~ぐテレビの影響受けちゃうからさ、そのうちチェリから正義の洗礼と称し

「アンパンチ」や「アンキック」をお見舞いされそうでコワイ。




でもまぁ個人的理由はともあれ、子供に絶大な人気を誇るアンパンマン。

あちこちの親子教室に参加してると「アンパンマン体操」な~んてのもあるようで

みーんな上手に踊るんだわ~。って事はそれだけみんなアンパンマン観てるって事よね。

当時チェリはまだアンパンマンのアニメを観た事がなかったので、体操を覚える意味もあって

録画して時々観せてたところ、すっかりアンパンマンの虜に。


テレビ観ながら1人でベラベラしゃべってる事があって、耳を澄まして聞いてみたら

何度か観てるお話は登場するキャラクターのセリフを覚えてるらしく(言うタイミングまで)

一緒になってセリフ言ってたのにはビックリしたわ~。


他にも夜中いきなり「アンパンマン・・・」って寝言言ったりね(苦笑)

てか夢にまで登場するのか、あの丸顔・・・。





そしてアンパンマンの影響はハハであるワタクシにまで及ぶ事となる。

あんだけ「アンパンマン嫌い!」と思ってたのに、娘が好きなキャラクターとなると見方も変わり

チェリが喜ぶのなら・・・と

水筒

親子教室に持参する水筒はアンパンマンのモノを購入。



薬局で見かけて即購入した

絆創膏

アンパンマンの絆創膏。




ご飯の進みが悪い時のお助けアイテム、

ふりかけ

アンパンマンふりかけ。(中身はフツーのふりかけ)




おやつの時間が待ち遠しくなっちゃいそうな

おせんべい

アンパンマンせんべい。(味はハッ○ーターンに似てた)



調剤薬局の本棚で見かけ、チェリの食いつきがハンパなかった

本

アンパンマンの絵本。

「ウ○ーリーを探せ」のアンパンマンバージョンってやつかな。

シリーズ化してるので、このままいくとコンプリートする可能性が・・・。




・・・てか、スーパーに行くとアンパンマンものに目が行ってしまう自分がいる事に

最近気付いたワタクシ。見つけるとつい手にとってしまう(汗)全然好きじゃないのに。

ヤバイ、あの丸顔に自分も洗脳されてる気がする・・・。




おまけ

2012年8月13日撮影

2012年8月13日撮影

チェリのパンにロックオンのキューピー。

毎日、毎食のようにチェリの周りをウロウロしてたなぁ~。

(最近は貰えないと分かって、だいぶ減ってきた)




スポンサーサイト
2013.07.02 / Top↑
今回は文字ばかりの内容になります。

子育てに関する内容になりますので、興味のない方は華麗にスルーでお願いします。



チェリが1歳の誕生日を迎える前のお話になります。


7ヶ月頃から徐々に始まり、現在に至るまで毎晩続くチェリの夜泣き。

酷いと1時間毎に泣き出すもんでその度に乳を差し出し、黙らせてたけれど

何が気に入らないのか飲んでる最中に泣き出す事も。

そんな事が毎日繰り返されていくと、寝不足&疲労も蓄積されるわけよ。



一度10ヶ月健診の時に先生に相談したところ、「夜中にお腹が空いて泣くのだろうから

ミルクを飲ませる事に抵抗がなければ、夜中にミルクを与えてみたらどうでしょう」とな。


その頃は風呂上りにミルクを飲ませてたし、抵抗どころかそれで夜泣きが解消されるならばと

その日にさっそく実行したわよ。




チェリが泣いたらすぐにミルクを作れるようにと枕元に電気ポットや哺乳瓶を冷やす水、

哺乳瓶の中には計量した粉ミルクまで入れて万全の体制で迎えたものの・・・


結局哺乳瓶を口に突っ込んだところで激しく拒絶。結局母乳飲むまでギャン泣きさ。

この「夜中にミルク飲ませちゃえ」作戦、見事に失敗。


答えが見つからないままそれから1ヶ月半が経ち、相変わらず夜泣きに悩んでたある日、

ふとネットで「夜中の授乳を止めたら夜泣きしなくなった」という耳寄り情報ゲット。



それを鵜呑みにし、その日の寝かしつけはおっぱいを一切飲ませず、

布団に入りひたすらトントンしてみた。

チェリにとって人生初の試練ってやつよ。

案の定、乳恋しさにしばらくギャンギャン泣いてたけど、1時間程泣いたところで

泣き疲れたらしく、涙流しながら眠りについたチェリ。


これで本当に良いんだろうかと思いつつ、次の日も同じように背中をさすってトントンして・・・を

繰り返し、泣いて泣いて泣き疲れて眠ったチェリの顔を見てたら

なんだかすごく悲しくなっちゃって、その後1人で自己嫌悪に陥ったワタクシ。


一体どんくらい乳が出るのか自分じゃ分からないので、チェリに飲ませなかった分を

自分で搾乳したところ・・・両乳合わせて20cc程度しか出てこなかった。
※後で調べたらどうやらワタクシの場合、差し乳(必要に応じて母乳が生産される)タイプらしい。

たったこれっぽっちの乳なのに、飲ませる事を渋った自分に腹が立ち、

たったこれっぽっちの乳だけど、声がかれるほど泣いて欲しいと訴えてたチェリに

本当に申し訳なくて夫が帰ってくるまで1人で泣いた。

そしてあるサイトを見て強く共感。このサイトのおかげでワタクシのモヤモヤした気持ちが

一気に吹き飛んだわよ。


それは

『1才~1歳半頃の授乳が、子どもの心の成長と親子の絆にとても重要な役割を果たします。
 1歳前に断乳した子よりも、1歳半くらいまで飲んでいた子のほうが、将来的に
 自立心が強くなることが多いそうです。
 脳や心が大きく成長する時期に、ママからおいしいおっぱいをもらい、
 たくさんのスキンシップをして、思う存分甘えておくことが、精神的な安定を促すのだそうです。

 また、夜の授乳は、昼間に受けた不安を解消する大事な情緒安定剤でもあり、
 赤ちゃんにとって「ママの愛情を試す」という手段でもあるそうです。
 脳が刺激をたくさん受け、不安も大きくなるこの1歳~1歳半の夜の授乳は、
 このためにも必要だそうです。』


無理矢理止める必要なんてないんだ~、って思ったら何だか急に肩の力が抜けたワタクシ。

多分まだワタクシの中で充分に授乳したぞ!という気持ちに辿り着いてないのと、

まだもうちょっと、授乳を通してチェリと繋がっていたいという気持ちがあったからだと思う。

チェリがおっぱい離れ出来ないというより、自分がチェリから離れるのがイヤなんだな。きっと。




既に栄養なんてない超薄味おっぱいだと思うけど、いいの、いいの。

こんなんでも、今のチェリにとったら心の栄養。たっぷり補給したまえ!!



このサイトのおかげで気持ちが吹っ切れて、次の日から授乳再開。


寝不足だってビールが飲めなくたっていいさ!

チェリが「もういっぱい飲んだからいらないよ」と自分から飲まなくなるまで

ワタクシとことんお付き合いする事を決意。


チェリが満足するまで、ワタクシが納得するまで授乳しまっせー!


ただ、卒乳に向けての手助け?はしていこうと思う。

いつでもどこでも好きなだけ与えることはせず、時間帯を決めてあげることにした。



まず日中は離乳食もよく食べるようになってきたので、欲しがった場合は

湯冷ましを飲ませ様子を見ることにした。

すると、喉が潤えば特に母乳に執着する様子もなし。

ただ、夕方の散歩の時は外が寒いのでお義母さんにチェリを見ててもらう事が多いんだけど

(暖かい時はチェリもベビーカーに乗せて一緒に散歩に行く)

1時間弱離れてるせいもあって散歩の後におっぱいを欲しがる事がほとんど。

だけど飲み切る前に自分で「もういらない」と離れるようになった。


そして、一番頭を悩ませてた入浴中の授乳。

ま、服を脱げば乳丸出しですからね~、チェリにとっちゃ格好の授乳タイムさ。

でも、このお風呂で授乳って正直あまりお行儀良くないな~と思ってたので

思い切ってここは止めさせる事にした。

なるべくチェリと向かい合わせにならないように体を洗い、

湯船に入ってる間ワタクシは肩まで浸かり、飲めない状況を作った。2日目までは飲みたくて

半泣きで訴えてたけれど、おもちゃでうまく誤魔化し、3日目以降は全く欲しがらなくなった。



今のところ夕方に1回、寝る前に1回、夜中に数回(寝ぼけてて覚えてない)になってきた。

ま、その時の状況で回数が増える事はあるけど、以前と比べたらだいぶ減ってきたよ。

夜間の授乳も2時間おきくらいかな。毎時間起こされてた頃に比べりゃ全然余裕さ!

この様子だとチェリの卒乳も近いのかな?(よく分からないけど)

意外とパタッと飲まなくなったりするのかな?

いつか飲まなくなる日が来た時、ワタクシも「もう充分飲ませた!」と納得出来るように

今の授乳タイムを大切にしていきたいと思う今日この頃。

また何か変化があったらブログで報告していきたいと思います。



ここまで読んで下さってありがとうございました。

そしてお目汚し、大変失礼致しました。



次回からは通常通りのブログに戻ります。



2012.04.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。