上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みゅうちゃんのお留守番最終日になります。

まぁ、ここまで続けてアップする記事でもないんだけどね~・・・

なかなかみゅうちゃんの事を書く機会がないから、こういう時にまとめて書かないとね。




この日はチェリの起床時間が少し遅かったせいもあり

お待ちかね

階段の下で待ってたみゅうちゃん。

ごめんごめん。



みゅうちゃんのごはんの準備の間、チェリを床に座らせると

タジタジ

一気に挙動不審に(笑)

チェリのお目当てはみゅうちゃんじゃなくて、目の前のパンダボールだよ。



ボールにロックオンのチェリが、ものすごいスピードで近寄ってくるもんだから

逃げる

血相変えて逃げるおばあ(苦笑)

自分から近寄る分にはいいけど、相手から近寄られるとコワイらしい。

何度も言うけど、チェリの目にはパンダボールしか入ってないんだけどなぁ。




さて、今日でワタクシが準備するおばあ飯も最後だよ~。

ためらう

ためらわずに、食え!!




しばし悩んだ末






いらない

うぉぉーーーい!いらないんかーーーい!?

じゃあ何で、階段の下で待ってたのさーーー?



1階でいくら待っても食べる気配がないので、そのまま放置。






・・・と、ここでアクシデントが発生。





この日、出勤時間が遅めだった夫が、ワタクシ1人で家事を全てやるのは大変だろうからと

出勤前に掃除機かけてくれたわけよ。そこまでは良かったんだけど

リビングの扉が開いたまま、更に廊下のゲートも開いたまま・・・

そして、坊主の姿がどこにもない。



まさか!!!!





・・・そう。その「まさか」ですわよ。

開き直る

ワタクシが気付いて、慌てて階段を駆け降りた時には既におばあ飯が半分に・・・。

食いしん坊なキューピーは、今まで食べた事もない大量のおばあ飯に目がくらみ

無我夢中で食べたと思われる。

自分のごはんを食べた後なのに、よくそれだけ入ったわね(呆)



とりあえず、キューピーのポッコリお腹を少しでも引っ込ませる為に

お庭ドッグランしよっか!!

みゅうちゃんもお庭で遊べば、お腹空いてごはん食べるかもしれないしね。

食べた奴が言うな

食べた奴が言うセリフか!?(怒)まったくもーはアンタだよっっ!



さぁみゅうちゃん、いくよーー?

遊ぼう

それぇ~♪

ボールを追いかける

ボールを追いかけるみゅうちゃんの横で、草を食べてるキューピー発見(怒)

こらぁ!アンタも食べてないで走りなさーい!



最近、おばあの体を気遣って?なのか、一緒に追いかけっこしなくなったので

おいかけっこする?

ワタクシがお相手をすることに。

GO

チェリをおんぶして、キューピーと追いかけっこさ。

まだまだアタクシも若いわよーーーっ。スタミナすぐ切れるけど(苦)



・・・と、キューピーと追いかけっこを始めたんだけど

途中でつまみぐい

この謎の植物(春~夏に紫色の花が咲く)をつまみ食い。

余談だけど花びらも美味いらしく、ムッシャムッシャ食べるんだよね(困)


何食べてんのーーーっ(怒)

やべっ

走りながら、うまいことパクっと食べる坊主。

食べなくていいから走りなさーーーい!



こんな調子で朝から2ワンコとお庭遊びをしましたわよ。


キューピーを先に2階のリビングに連れて行き、しっかり扉を閉めてから

もう一度みゅうちゃんにおばあ飯を与えたところ

ペロリ

はぁ~・・・。ようやく食べてくれたよ。



この後、キューピーはというと自分のハウスでグッタリ・・・。

いつもなら夕方のごはんの時間になると自ら催促するのにそれもなし。

このまま深夜のごはんを食べなかったら次の日病院行きだなと半ば覚悟してたけど

0時のごはんはいつも通りペロリ。

その後も体の異変はなく、普段と様子が変わらなかったのでホッと一安心。

今度から気をつけないと・・・。



一方のみゅうちゃんは、夕方に帰ってきた両親にキュンキュン鼻を鳴らしながら

しばらく甘えてたよ。やっぱり両親が一番らしい(ま、当然か~)




おまけ

ブログを始めた頃からずっと書きたかったみゅうちゃんネタ。

なかなか書く機会がなかったんだけど、ここんとこずっとみゅうちゃんのお話が続いてたので

この機会に蔵出ししちゃえ~!



実はワタクシ、今日に至るまでみゅうちゃんのイメージってあまり良くなくて

ブログでも意地悪なおばあキャラとして書いてるのはある出来事がきっかけなのです。


それは・・・


ワタクシ、みゅうちゃんに締め出された事があるんです

覚えてない

忘れたとは言わせないわよ!




このお家に嫁いで10日もしない頃、「夕方には帰るから」と下の両親が朝から日帰り旅行へ。

ワタクシ初めてお留守番を任されたわけですわよ。


午後になるとちょっと風が出てきたので、洗濯物を取り込もうと外に出たところ

後を追ってきたみゅうちゃんが内側から前足でドアをガリガリしてるうちに


「カッシャン」


・・・え?


か・・・かっしゃん???


偶然にもみゅうちゃんに玄関の鍵を掛けられてしまったわけですわよ。

ワタクシもまさかワンコが鍵かけるなんて想像もしてなかったけど、

みゅうちゃんくらい大きいと前足が届くらしい。



季節は11月半ば。洗濯物を取り込むだけだったので当然薄着だし、

鍵もなけりゃ財布も携帯もない。

もしかしたら奇跡的にどこかの窓の鍵が開いてるかもしれない!な~んて思って

ぐるりと家の周りを歩いたけれど、1階は全て施錠されてアウト。

あまりの寒さにウッドデッキに入り、窓越しに「みゅうちゃん開けてぇ~」と言ったところ

キュンキュン鼻を鳴らしながら窓をガリガリ引っ掻くみゅうちゃん。

でっかい前足で激しくガシガシするもんだから、カーテンがビリビリ(滝汗)

そのうち窓まで破壊するかも・・・と怖くなり、一旦玄関前へ。


もう両親が帰ってくるまでワタクシ外で過ごすしかないんだろうな~・・・と諦め、

何かしてないと落ち着かなかったので草むしりを始めて数分後・・・・



・・・カリカリカリ・・・



「カッシャン」



・・・えっ?


・・・かっしゃん??


まさかと思って玄関に行くと、ドアが開いた!!

この一部始終を帰ってきた両親に言ったところ、今までみゅうちゃんは

一度もそんなことをした事がないそうな。


まぁねぇ~、締め出されたまんまなら信じてもらえるだろうけど、また鍵を開けたなんて

信じられない話だわな。


でもその証拠に玄関のドア&カーテンはみゅうちゃんが必死こいてガリガリした形跡あり。


きっとみゅうちゃんは自分がドアの鍵を閉めてしまった事は理解してたんだと思う。

ワタクシの慌てふためく様子を察知し、必死でドアの鍵を開けようとした。

そして奇跡は再び起きた・・・。


あれから2年。ワタクシ未だに根に持ってるわよ。

プイッ

ふん!何を言われても結構!!

あの寒空の中、何時間後に帰ってくるのか分からない両親を待つという選択肢しかない状況の

ワタクシの心境を考えてみてよ!!途方に暮れてたわよ。


暫くの間、外に出る時は必ず鍵を持ってたワタクシ。また締め出されたら大変だからね。


今になっちゃ、思い出話さ~。





ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2011.11.28 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。