FC2ブログ
今回はいつもと比べ、記事が長いのですが

もし良かったら最後までお付き合いくださいね。



歯磨き中に詰め物が取れてしまい、歯医者でレントゲンを撮ったのが今年の1月のこと。

そこで全く別の歯の根っこが傷んでる事が発覚。この時点で既に手の施しようがなく

「こりゃ抜くしかないねぇ~」と、先生に言われたワタクシ。

自分では全く自覚症状がないだけに、いきなりそんな事をいわれても

心の準備っちゅーもんが出来てないわけよ。だって詰め物取れたから行っただけだし~。


当時まだ授乳中だったので、何とか抜かずに済んだワタクシの歯。

そのまますっとぼけてようかな~・・・な~んて思ってたんだけど

水曜日の夜から微妙な痛みが走り始めてきた。

何もしなきゃ痛くないんだけど、歯を噛みしめると痛いような?・・・気がする。

この時点でどの歯が痛いのかよく分からず。

だけど木曜日になって「コイツだ!」とハッキリ断定出来るまでに。

ええ、1月に先生に言われた例の歯さ・・・。とうとう痛み出しちまったかぁ~・・・。



痛みが出てようやく歯医者に行く決心がつく・・・ま、みんなそんなもんだよね?ねっ??

あいにく木曜日は休診日なので翌日行こうと心に決めたワタクシ。

この時点で抜く事を覚悟したわよ。チェリを産んだ痛みに比べりゃ歯の1本や2本

抜くくらい、なんちゃないっしょーーーー!!(半ばヤケクソとも言う)




そして金曜日の朝。



い・・・痛くないんっすけど?

一晩寝たら痛みはどこへやら・・・。昨日気合入れたけど、何だかすっかり拍子抜けさ。

「やっぱ行くのよそうかな~・・・」って思ったけど、抜かなきゃ解決しないわけだからさ~

仕方なく行ったわよ。


義両親不在で預けられず、チェリを連れていざ歯医者へ!

このちっさい付添い人が居るだけで、何だか心強い気がしてきたワタクシ。                  

何だか抜けそうな気がするぅぅーーーーーーー!!!




そんな気合十分のアタクシの心をポッキリへし折ってくれた女医さんのヒトコト。



「歯を抜くのには予約が必要なんだよねぇ~~~」





はぁ!?(歯だけに  ぷっ)



まーじーでぇぇーーー!?

ここまで覚悟して来たのに、そりゃねぇぜ~(涙目)



変に悪あがきして日にちを延ばすと、またワタクシの事だから

「ま、痛くなるまでいっか~」なーんて、当日すっぽかすかもしれないので

ここはバシッと「次の日抜いてください!」と言ったった!



この日は歯の掃除をして終了だったんだけど、ワタクシが診察台にいる間

子供用のちっさいイスにチョコンと座り、自分の役割(付添い人)を果たしきったチェリ。

ただの付き添いだったのに、しっかりご褒美のオモチャをもらいご満悦さ。




さて、長々と文章が続きましたがここからが本題でございます。

箱の中に色々あったオモチャの中から、チェリ自らセレクトしたオモチャがこちら。

もらった!

どう考えても対象年齢に達してないんだけどね~、「吹き戻し」が良かったらしい。

しかも欲張って「ダブル吹き戻し」ときたもんだ(笑)



さっそく吹いてみたところ

ぷぅぅ~

音はするけど、ピクリとも動かない吹き戻し部分。

素材がビニールだから相当力を込めて吹かないとダメらしい。



いくら吹いても音しか出ないようなので、ここはママちゃんがお手本を・・・

それアタシのだけど?

まぁ、見てなって♪

ここでワタクシが直に口付けると虫歯がうつりそうなので、直に付けずに吹いてみたところ・・・

ナイスリアクション

期待を裏切らないナイスリアクション(爆)

てか、すっごいぶっさい顔してんな~・・・。

ビックリした~

まだどういう原理なのか分からず不思議がる1歳児。


好奇心旺盛なチェリ。

興味津々

お約束どおり、近付いてきたところで吹いてやったんだけど

ヒット!

まさかのヒット(苦笑)


これには相当ビックリしたらしく

逃げろ!

逃げるコ。


何となく原理が分かったのか

アタシもやる!

やる気になったチェリ。



ほほう、ならば試してみるがいい!

大きく息を吸って~

大きく息を吸い込み~・・・

音はするけど・・・

力いっぱい吹いたけど、やっぱり音しか出ないみたい。

まぁ、1歳児の肺活量じゃ~こんなもんかな。



その後も

くるのか?くるのか??

こんな顔してるので、リクエストに応えたった!

きたぁー!

相変わらずいい反応をみせてくれる我が娘。

もどった!!

何度やっても

うわぁぁー!!

慣れないらしい(笑)

しばらくはこの吹き戻しで遊べそうだな。(ニヤリ・・・)





そして土曜日。

ワタクシの担当になった先生は「抜き専門か?」と思えるほどガッチリ体型だった(怖)

見た目とは裏腹にめっさ気さくでいい先生なんだけどね~

緊張しすぎて麻酔を打った直後、診察中にも関わらずトイレに行ったワタクシ。

この時点で心臓バクバクで、トイレの窓から逃亡しようかと本気で考えた。


トイレから戻り「夫に寝不足だと麻酔が効かないって聞いたんですけど~・・・」と

言ってみたところ、笑顔で麻酔を追加で打たれ、完全に逃げ場がなくなったワタクシ。

目隠しのタオルをかけられ、全身ガッチガチに力を入れてたら

耳元で「フンフ、フン、フフ~~ン♪」と先生が鼻歌歌ってた・・・。




てか、鼻歌歌いながらヒトの歯抜くってどうなのーー!?




と、1人で突っ込み入れながらも、何だかその鼻歌が妙に気になっちゃって

気付けば傷口縫い終わってたとさ。



この日は先生に「何もせず、1日ゴロゴロしてて下さい」とグータラ生活を推奨されたのを

良い事に、掃除も洗濯もせずホントにゴロゴロしてやった。

そして今朝になり、昨日グータラした事を後悔する光景を目にする。



それがこちら・・・。

散らかり放題

散らかしのプロによる犯行。

ええ、モチロン掃除機かけるのに全部片付けましたわよ。ああ、しんどーーーー・・・。





おまけ

2012年1月26日撮影

2012年1月26日撮影

1人で食べるようになったものの、この頃はまだ素手で食してた頃。

この後片付けが大変だったんだよねぇ~。


スポンサーサイト



2012.11.18 / Top↑