fc2ブログ
先週の金曜日

キューピーの定期健診の為、動物病院に行ってきました。

本当は12月中に行くつもりだったんだけど、一家で体調を崩してしまい

連れて行ける状況じゃなかったのよね。



6月に「僧帽弁閉鎖不全症」と診断されてから7ヶ月。

最近になり咳の出る回数も徐々に増え始め、苦しそうな姿を見る事が多くなってきた。

今回もまた心エコー検査とレントゲンを撮ることになり、検査の為半日預けることになった。






そして診察の結果

軽度~中度の僧帽弁閉鎖不全症 との診断でした。

6月の検査では左房内径大動脈比(LA/Ao)が1.35だったのに対し

今回の検査では1.43だった。


前回と比較してやや悪化してることと、咳を起こしうるレベルなので投薬開始を勧める 

との見解でした。



まぁ、検査結果を聞かなくても前回より明らかに症状が悪いのは分かってたので

投薬をする心構えは既に出来てたワタクシ。



薬を飲んで完治する病気ではなく、進行を遅らせる薬。そして一度飲み始めたら

一生飲み続ける事を覚悟しなくてはいけない。

これに関しては6月の時点で先生から聞いて、自分でも受け入れた現実。



あの頃思ってた「少しでも長くキューピーと一緒に過ごしたい」という気持ちよりも

夜中に咳で苦しそうにしてるキューピーを何度も見てるだけに

「薬を飲む事で、少しでもキューピーの症状が和らいで欲しい、苦しそうな思いを

少しでも減らしてあげたい」というのが、今の正直な気持ちかな。



病院で処方された薬は2種類。

薬

心臓の薬が1日1粒で、利尿剤が1日2粒で12時間おきに飲ませるとなると 

我が家の生活スタイルだとこの時間帯がベスト。



朝は夫のお弁当の準備にチェリの着替えや食事の準備でバタバタだし、

その12時間後となると今度はチェリのお風呂の時間と重なり、これまたバタバタ。

飲ませ忘れだけは絶対したくないので、ゆとりのある時間帯にした。

まぁ、きっかり12時間でなくてもいいとは言われてるので、多少の誤差はアリみたいだけどね。






初めて薬を処方してもらったんだけど、ちゃんと薬も保険の割引対象になってるんだね。

知らなかったわ・・・。

アニコム

ホント、今までずっと入ってて良かったよ。半額ってかなりデカイよね。



投薬を開始して数日が経過。

薬飲ませるのが大変なワンコだと、毎回苦労するんだろうけど(実家のワンコがそうだった)

キューピーの投薬に今まで苦労した事はナッシング。

ちなみに実家のワンコはお肉の間に薬を挟んで食べさせようとしても

薬だけ口から出す という器用な技を持ち合わせてたため、非常に苦労した記憶あり。

まぁ、基本ワンコって鼻が敏感だからごまかそうとしても無駄なんだろうな。



キューピーの場合はですね~

薬+ごはん

こんな感じ。

いつものごはん数粒と薬を準備。



そして

いつでもこい!

キューピーの頭上にスタンバイ。



フード 薬 フード 薬・・・と交互にポトポト落としていけばOK。

パクっとな

何の疑いもなく、おやつの一部としてアッサリ投薬完了さ。

キューピーって確か・・・犬だよねぇ?あっれー??


投薬する側(ワタクシ)も楽チンだし、される側(キューピー)も

1日2回の投薬をおやつタイムと思い込み、楽しみにしてる様子。

まぁ、毎日の事だから苦労するより全然いっか。





そして嬉しい事に飲ませて間もなく効果が出始め、咳の回数が格段に減ってきたよ。

先生には「弱い薬だから、効果がなければ強い薬に変えることもあるから」と

言われてたんだけど、こんなに早く効果が出るとは思ってなかったのでビックリさ。

昼に少し咳は出るものの、夜はピタリと治まって朝までグッスリ。


投薬がスタートした事に対して正直気持ちは辛いけど(それだけ悪化したということだから)

少しでも症状の進行を遅らせ、キューピーが快適に毎日を過ごせるように

今はそれだけを考えていこうと思う。




ちょっと辛い内容で、なかなか書き進められなかったけど

次回はいつも通りのおちゃらけブログに戻りますね。



おまけ

2012年4月22日撮影

2012年4月22日撮影

器を持ち上げ汁を飲もうとしたんだけど(汁は入ってない)

器を下げたら麺が鼻の上に・・・(笑)

この頃から比べたら随分食べるのが上手になったなぁ~





ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2013.01.17 / Top↑