FC2ブログ
朝から雨降る4月3日のこと。



ちょっと残念な天気だったけど

入園したよ

幼稚園の入園式でした。

テレビの週間予報では「くもり」だったんだけどなぁ。


ま、そんなワタクシも行事関係はホントに天気に恵まれなくてね~

小学校の入学式は、雪が降り、遠足では雨が降り、更に成人式では大雪ときたもんだ。

ワタクシの同級生には雨オトコ、もしくは雨オンナが存在してたらしいが(自分ではないと信じたい)

どうやらチェリの学年も、いそうな気配だわね(苦笑)



・・・と、ワタクシの話は置いといて~




クラスの前で担任の先生とパチリ。

顔見知り

知らない先生には一切近付こうとしない、とにかくヒトの格好をした野生動物(チェリの事)が

未就園児教室とは違うクラスで新しい先生に馴染めるのか正直不安だったワタクシ。

でも、今回担任になった先生は未就園児教室に通ってるうちに、顔見知りになった先生。

チェリの知ってる先生だった事もあり、不安げな様子もなくホッとしたわ。




教室に入ると

可愛い壁画

先生渾身の壁画がズラリ。(これはほんの一部ね)

聞けばたった1人で全て作りあげたそうで。さすがこの道のプロ。

子供相手なのに手抜き一切ナッシングよ。いや~、ぶったまげたわ。







子供の緊張をほぐす為なのか、新米(恐らく新卒)の先生が遊び相手になってくれてね

ノリノリ

先生を独占し、人形遊びに没頭するコ。

未就園児教室だとワタクシにひっついて全然遊ぼうともしなかったチェリが

今こうして目の前で初対面の先生と楽しそうに遊ぶ姿を見て、つくづく成長したな~と思ったわ。

たった2~3週間でこうも変わるもんなのね~・・・






・・・と、思ったのはこの時だけ。

朝の挨拶や歌が始まると

輪に入れない

やっぱりね~(苦笑)

どーーーしても、こういう輪に入るのが苦手みたいで。。。

でも、親がいなければそれなりにちゃんとやるらしいので、甘えてるのかな。多分。




式が終わり、帰りの挨拶が済んだ後のこと。

じゅうたんのお片付けに自ら参加したチェリ。

じゅうたんグルグル

気付けば楽しそうに友達の輪に入ってましたわ(嬉)

ま、未就園児教室で一緒だったお友達もいるので、すぐ慣れそうだわね。

このチェリの様子を見て安心したわ。





そうそう。多分どこの幼稚園でも同じだとは思うけど、個人のマークのシールが

ロッカーや持ち物に貼ってあるのだけど

チェリの新しいマーク

何でもさくらんぼ

偶然にも「さくらんぼ」だったの(嬉)


実は未就園児教室で使用してた上履きに

チェリの上履き
※過去の写真より

まだ文字が読めないチェリの為に、さくらんぼマークを付けてたんだよね~。

これなら万が一、自分の上履きがどれだか分からなくなっちゃっても、

「これだ!」と分かるだろうと思って名前の横に書き足したさくらんぼ。

偶然とはいえ、何だかすっごい嬉しくなっちゃったわよ。

「チェリ」もさくらんぼ(チェリー)からきてるしね♪



・・・ということで

チェリマーク

入園式が終わったその日のうちに探して買ってきたわ。

この中間サイズのもあると便利なので、また探しに行かなくちゃ。




そして、チェリの幼稚園グッズをはじめ、私物全てに

私物は全てさくらんぼ

さくらんぼマーク付けたった!!!

ワタクシがチェリにしてあげられる事といえばこのくらいしか出来ないしね。

大小差はあるものの、チェリにも「さくらんぼが付いてるのがチェリの物だからね」と教えたし

まぁ、大丈夫かな。




入園式の翌日から慣らし保育がスタート。

もう何日も前から「幼稚園に行く時にはバスがお家に迎えに来てくれるんだよ~」

「バスに乗れるなんていいねぇ~♪」

「どんなバスが来るだろうね~、楽しみだねぇ~~~♪」

と、気分を盛り上げるような声掛けをしまくったワタクシ。



その甲斐あってか、登園初日だというのに

バスきた!

バスに吸い寄せられるように自ら歩み寄り




今生の別れのような涙、涙な事もなく

いってきまーす

サラッと手を振り、颯爽とバスに乗り込んだチェリ。

バスの中で手を振るチェリを夫と2人で見送ったんだけど、あまりにもあっけなかったわ~・・・。

もう少し渋ったりギャン泣きするかと思ってただけに、拍子抜け~。


もしかしたら本人もワケが分からないまま、バスに乗り込んで連れて行かれちゃったって感じかしらね。





そして本日月曜日。

「バスきちゃった? もうバスきちゃった??」と、朝からバスのことばかり気にするコ。

そして今朝もバスが到着すると、サッサと乗り込み車内から笑顔で手を振るチェリ。

・・・幼少期のワタクシより全然しっかりしてるんじゃね??


不安は尽きないけれど、この調子で楽しく幼稚園に通ってくれることを願いたい。




スポンサーサイト



2014.04.07 / Top↑