FC2ブログ
前回はお目汚し、大変失礼致しました。


今回のお話は先週の出来事になります。ホントはもっと前にアップしたかったんだけど

全然ブログ更新する気分になれなかったのー・・・。



今月10日は我が家の大黒柱である夫の4ピー回目の誕生日でした。


その日の夜、チェリと3人で

かんぱーい

高級レストランでお食事してきましたの。

・・・とは言っても、ご招待券貰ったから行ってきたんだけど、ぶっちゃけワタクシには

こういうかしこまったレストランって敷居が高くてね。

ほら、テーブルマナーとかさ、ドレスコードとかさ・・・(この店はドレスコードなしだった)

色々考えただけでお腹いっぱいになっちゃうよ。




も~、駐車場に車を停めた時点からサービスは始まってるらしく?(ワタクシ目線)

レストランの入り口で真っ黒のスーツに身を包み、ピッカピカのクツを履いて

コッチコチに髪を固めた男性サービスマンがお出迎えしてくれた(滝汗)



「うっわ~、こりゃホンモノだよ!」と心の中で思ってるうちに、個室に通されましたわよ。

子供連れだからね~、他の客に迷惑かけないための配慮と思われる。


個室に通され、まずはドリンクを注文。

最初に出されたのが

パリパリした生地にフォアグラペーストがサンドされてる

フォアグラサンド

「アミューズ」と表記されたモノ。

一般ピーポーには全く馴染みのないモノなだけに「ほほーー・・・」くらいにしか

思ってなかったんだけど、居酒屋の「突き出し」みたいなモノらしい。



チェリにはこちら。

お子様プレート

出されたお子様プレートは、手抜き感一切ナシの高級仕様。

もはやお子様プレートとお呼びするのは申し訳ないくらいだわ。




そんな高級お子様プレートのお味は・・・




美味しい

この笑顔を見れば分かるよね。



まだ三角食べが出来ないチェリは、右上から時計回りに1品ずつやっつける(笑)

ポテトを制覇し、お次はオムライス。

気に入った

口にケチャップくっつけながら、ご機嫌のコ。



ただし、この笑顔を見せるのは家族限定。


ワタクシと夫はコースメニューのため、1皿ずつサービスマンが運んでくるわけよ。

すると今までニコニコだったのに急に恥ずかしがって顔隠しちゃってさ~

そこ、照れる必要ないんでは??って思うんだけど。



コースメニューなんて、この先お目にかかれる事がなさそうだったので

お店の許可を貰い、写真を撮らせてもらったわ。(←田舎者)


ズラズラっとどうぞ。

サラダ

スープ

魚

肉

メニューに表記されてたまんま、書いてみたんだけどさ~

何が何だかサッパリ分からん(笑)フランス語、難しや~~~。


しかも1品ずつ提供される度、料理の説明をしてくれるんだけど

受け流す気はなくても聞きなれないワードばかりで、右耳から入ってきても左耳から出て行く感じ?

せっかく説明してくれるんだけどさ。ゴメン、庶民にはそれ必要ないみたい(苦笑)



しかも食べるスピードに合わせて次の料理を準備してるらしく、時々様子を確認する姿が

ガラス越しに見えちゃってね~・・・、気になって、気になって仕方なかったーーー。

ゴメン、庶民にはそういう気遣いは必要ないみたい(苦笑)



そして料理も終盤に。

チェリに出されたデザートプレート。

お子様デザート

お子様にはもったいないくらいのオサレなプレート登場で、おめめキラッキラ状態のチェリ。

「うわぁぁ~♪」と歓声を上げておりましたわ。分かりやすいでしょ、うちのコ(笑)




そして大人用のデザートに嬉しいサプライズが!

デザート

皿の下には本日の主役、夫の名前が書いてありましたわ。(夫のだけね 笑)


そして食後のコーヒーと共に出された

菓子

プチ焼き菓子。



庶民のワタクシも、この頃にはちょっぴりセレブな奥様気分だったわ(爆)

説明されながら食べる食事も悪くないわねぇ。

オホホホホ・・・ゴホッ、ゲホッ!!あら、失礼♪




お腹も気分も満たされレストランを出ようとした時、ここでまさかのシェフ登場。

「ありがとうございました」と深々とお辞儀されちゃいましたわ。

いえいえ、こちらこそご馳走様でした。


黒服サービスマンと共にレストランの入り口に立ち続け、

車に乗って敷地を出るまでずーーーーっと見送ってくれたシェフ・・・(汗)

ゴ・・・ゴメン、庶民にはそういう見送りは必要ないみたい。



・・・ということで、最後まで行き届いた素敵サービスを提供してくれたレストラン。

帰りの車内では夫と興奮気味に

「たまにはこういうステキなレストランで食事してみたいよね~」

な~んて言ってたけどさ~・・・








やっぱ身分相応のファミレスで充分っす(爆)


でも、非日常的な空間で普段とは違った体験が出来て、ちょっとだけ楽しかったデス♪




2014.09.19 / Top↑