上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週のこと。


楽しかったイチゴ摘みの仕事が終了しました。


摘み歴の一番長いエース的存在のパートさんには相変わらず敵わないけど、

去年とは違い、気力、体力、スピード力を身に着けたワタクシ。間違いなくレベルアップしたんじゃね?

特に力は格段に付いたっぽくて、気付けばイチゴが入った摘み箱5箱を余裕で持てるようになってたわ(汗)

ちなみに入ったばかりの頃は2箱持ち上げるのがやっとだった(爆)

このたくましい二の腕は日々のイチゴ運びの賜物ってやつかしら~(ちっとも嬉しくないけどー)




とちおとめの出荷が終わった月曜日のこと。

今回スカイベリーという新品種も初めて生産したんだけど、スカイベリーの出荷もこの日がラストということで

高級イチゴ

従業員1人1人にスカイベリーを1箱ずつ持たせてくれた太っ腹な社長。

ありがとうございまーーーす(嬉)


とちおとめと比べてまだ生産者が少ない上、品質管理が難しい品種のスカイベリー。

出回り始めの時期に聞いたんだけど、都内で1粒500円するとか、しないとか(驚)

最初にこのイチゴを摘んだ時は、「摘みミスしたらどえらいこっちゃーーーっ」と

手をプルプルさせながら摘んだものよ(懐)


とちおとめと大きな違いがその粒の大きさ。

大きい

どーよ、この迫力あるダイナマイトバディ。Lサイズのタマゴくらいか?

食いしん坊なワタクシでも流石に1口では無理なサイズ。



いつもなら貰ったイチゴは腹の中に確実に収容するワタクシが、心を鬼にしてそれを封印。

そして

スカイベリー酒とシロップ

ホワイトリカーにぶち込んで、スカイベリー酒に初挑戦よーーーっ。

お酒を飲めないチェリ&夫の為に、砂糖をまぶしてスカイベリーシロップを。



更に、パートさんから作り方を教えてもらい、黄金レシピで作った

ジャム

スカイベリージャム。

去年とちおとめでジャム作ったんだけど、イチゴの形が見当たらなくなって

ちょっと残念なジャムが仕上がったんだけどね~、今年は色もキレイ&形も残ってる~。

ジャム作りは焦げ付きを恐れず、思い切って強火でやるのがポイントなのね。覚えておくわ。




そしてその3日後のこと。

仕事が終わった後、「イチゴ摘んで行きなよ~」と有難いお言葉を掛けて頂き

とちおとめ

去年同様、今年も憧れの箱食いをすることにしましたわよ♪



去年は食べる前の箱と食べ終わった後の箱の写真をアップして、その比較をしたんだけど

これだと一体どんくらい食べたのかよく分からないんだよね。



・・・ということで、今年はその辺も見直してまずは計量。

摘み箱含む重さ

摘み箱も含めて3.85キロ。



この箱食いチャレンジの為に、空腹の中頑張ってイチゴを摘んだワタクシ。

それもこれも去年のリベンジを果たす為。

今年こそはこのイチゴ、全部食べて見せるわっ!


・・・と、始まった箱食いチャレンジ。



食べてる足元で

期待の眼差し

イチゴのおすそ分けを期待し、キラキラの眼差しで見つめるキューピー。


ご・・・ゴメン。

今チャレンジ中なんだよね。残ったらちゃんとあげるから。(残すつもりはサラサラないけど)

と、説明したところで分かってくれるはずもなく、しばらく粘ってたけど

そのうち諦めて廊下へ移動したコ。す・・・すまん。キューピー。




イチゴを食べ続ける事30分。

休む間もなくひたすらイチゴを口に運んだ結果がこちら。










リベンジならず

リベンジならず無念のリタイア。

もうちょっと粘っても良かったんだけど、そろそろチェリが幼稚園から帰ってきちゃうからね~。

時間かけて食べていいんだったら、もうちょっと食べられた気がするわ。


どんだけ~

あと1時間も休憩すればまた食べられると思う。イチゴに飽きる事はない!(キッパリ)

アタシのは?

かごめちゃんはゲリゲリしちゃうから、イチゴは食べちゃダメなんよ~。ごめんね。


・・・と、かごめの頂戴ビームをサクッとかわし、残ったイチゴの計量へ。

さぁ、どんだけ減ってるかな~??













たったこれだけ?

自分ではもっと食べた気でいたのに、たった1.3キロしか減ってなかったわ。

最低でも1.5キロはいくと思ってたのに~~~。

次回はこの数字を上回る結果を残してやる!


・・・て!!!

ワタクシ一体何を目指してるんだ??





イチゴが残ったので約束通りキューピーに献上しようと出向いてみたんだけど

まったり中

すっかりそんな気分じゃなかったようで。廊下でまったりお寛ぎ中でございましたわ。



イチゴをお腹いっぱい補給したところで、残ったイチゴを丁寧に洗い

とちおとめ酒

スカイベリー酒を作った時に残しておいたホワイトリカーで、とちおとめ酒を作ったった!!!

入りきらなかった分も別な瓶に入れましたわよ。

3週間後くらいにイチゴを取り出せば、後は美味しく飲めるはず♪


3日前に仕込んだスカイベリー酒はといいますと~

3日経過

こ~んな感じ♪

イチゴの色が抜けてきた!

シロップもジワジワとイチゴエキスが抽出され、きれいな色が出てきたところよ。




写真はないけど、イチゴ酢も作ってみた♪

夏の暑い日にサッパリと飲めるのもいいよね。


ここんとこ毎日瓶をフリフリするのがワタクシの密かなお楽しみ。

スカイベリー酒と、とちおとめ酒、飲み比べしなくっちゃ♪


スポンサーサイト
2015.05.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。