上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ご無沙汰してます~。


先月末のこと。

イナの2回目のワクチン接種の時、衝撃の事実を知ったワタクシ。

検診の時に先生に言われた、ある言葉。



それは・・・



「イナ、乳腺張ってるね。これ発情してるよ」





なぬーーーーっ!!!



・・・てか、ちょい待ち!!出血なんて全く確認してませんけど??

「出血してたら別の病気を疑った方がいいよ。ネコって出血しないから分からないと思うよ」


・・・ほほーーー・・・そうなんだ。ネコ飼ったことなかったから今まで知らなかったわ。


最初に病院に連れて行った時(10月)の診断結果では生後4~5ヶ月だったイナ。

初検診で12月頃に避妊手術するのが時期的に良いと言われてたけど、ネコが出血しないと知った今、

完全室内飼い(予定)のイナに避妊手術って必要ないんじゃね??

・・・と、思ったワタクシ。

そのままストレートに聞いてみたところ、どうやらそういうワケにはいかないようで。


ネコを飼ったことがある方にしてみたら「何言っちゃってるの~?当ったり前じゃ~ん プププっ」

的な事なんだろうけど3○年間、ワンコオンリーだったワタクシにとってネコは未知の生き物。

これもまた初めて聞いたんだけど、発情が始まるとオスを呼び、

夜な夜な低い声で鳴くそうな。それがまた発情中ず~~~~~っと鳴くコもいるそうで

たまらずオーナーさんが避妊手術を頼みに病院に駆け込む・・・的なケースも多いとか。


言われてみれば数日前、買い物に行くのでイナをケージに入れて出掛けたんだけど

帰ってきたらものすご~~い低い声で「ナァァーーーーオ」って鳴いてて

「うーわ、留守番させてめっさ怒ってる」って思ってたけど、もしやそれって

怒ってるわけじゃなかったのか~~・・・と、今頃気付いたワタクシ(遅)


「閉じ込めた事を怒ってたらケージの中で暴れてるはずだよ」

・・・ほほーーーーーっ!!!ネコってそういうもんなんだ~。



長々と書いたけど、イナの鳴き声で不眠症になるのは勘弁なので、こりゃ~サッサと

避妊手術した方が良さそうだと判断したワタクシ。



本当は12月半ばくらいを予定してたんだけど

いよいよ手術

思ったより早く予約が入れられたわ。



当日の朝から絶食と聞いてたので、前日の夜(やや遅め)にたっぷりごはんを与えたワタクシ。

そして、当日の朝は空腹のイナの刺激にならぬよう、かごめの朝食の時間の前にしれっと病院へ。



1日入院し、翌日退院。

病院内では非常にイイコに過ごしてたそうで、先生に甘えてゴロゴロしてたそうな。

その姿を見て「やっぱりキューピーが連れてきただけあるな~」と思ったらしい。

(ご存じのとおり、キューピーもかなり人懐っこく甘えん坊で、病院に連れて行くと嬉しくてずーーっと

シッポフリフリ状態でした)


家に着くと前日手術したとは思えないほど、動き回ったりジャンプしてみたり・・・(驚)

あまりにも驚きすぎて退院直後の写真を1枚も撮ってなかったわ。



んで、退院翌日のこと。

なにやらふたりで楽しそうにしてるのをパチリとな。

きっと昨日の出来事を話してるのでは・・・?


どちらまで?

実はワタクシ、イナの避妊手術に立ち会って来ちゃいましたのーーーーっ!!

なかなか見られない貴重な体験をさせてもらっちゃったよ。

麻酔をかけて両手両足を紐で縛り、その姿はまるでガリバーのようでしたわ。


お肉モリモリ

腹を切る=かなりの出血を想像してたんだけど、ほとんど血は出なくて

人の指を切った時の方がよっぽど多いわと思ったほど。

それどころか脂肪の層が厚くてなかなか腹膜に到達しないくらいだったわ(汗)

てか、家に来た頃は痩せっぽっちのガリガリっ子だったのに、たった1ヶ月半の間に

どんだけ腹に脂肪蓄えてるのさ(笑)

ネコパンチ炸裂


手術に立ち会って初めて知ったんだけど、どうやら犬もネコも子宮って2つあるそうですな。

シカの角のように2つに分かれて、その先にそれぞれ子宮があるんですってーーーっ。

(専門家じゃないので詳しい事は分からないけど、確かそんな説明だったかな)



今回イナさんはかごめと同居してる事もあり、野良ネコの避妊手術によく用いられる

体に吸収される糸を使って行う「埋没法」という方法で縫ってもらった。

あんなのいらない

表面に糸が出ないような特殊な縫い方をするそうで、皮膚の表面はアロンアルファみたいな

接着剤でくっ付けるという、なんとも斬新な手法。

アロンアルファが剥がれ落ちる頃、お腹の皮もしっかり引っ付いてるそうな。

・・・ということは、抜糸が必要ないので通院の必要はナッシング。

お腹の傷が気にならないようならばエリザベスカラーも必要ナッシング。

飼い主のワタクシにとっても、手術を受けたイナにとってもストレスフリーな埋没法。


大変だったのに・・・

まだ記憶に新しい、かごめちゃんの避妊手術。

飲ませて
※過去の写真より

食欲旺盛
※過去の写真より

も~~~、1週間も装着してたくせに全然慣れる事もなく、このパラボラアンテナのお陰で

どんだけ苦労したことか・・・(ブツブツ)



かごめで苦労してたので、イナが装着したらもっともっと大変なんだろうな~・・・と思ってたので

ホントに助かったわ~(嬉)

特別だったのかも?

ま、特別かどうかは別として現在のイナはというと、腹の皮を引っ付けてたアロンアルファが剥がれ落ち

ツルツルに剃られたお腹にまたうっすらと毛が生え始めてきました~。

避妊手術をした後は太りやすいって言うからね~・・・気を付けよ~っと。





ポチッと応援お願いします


にほんブログ村


2015.12.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotowanko.blog40.fc2.com/tb.php/497-c897ceb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。